スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

crimax together 3rd


一週間までは怪しかったのだが、なんとか予定を明け、無理矢理行ってきました、BUCK-TICKライブ。
クライマックスーのライブって、なんか本人仕事やらで色々と立て込んでて行けなかったらしく、横アリ自体も物凄く久々だ。
日曜日だったので、多分切符を買うのも大変だろうと、みどりの窓口で事前に新幹線の自由席の往復切符を購入~。

当日新横浜で友人と待ち合わせ。ライブ前に駅近くのカフェに立ち寄る。
そこは会場から徒歩五分くらいの場所だったんだけど、立地が良いのか、客の6割位がお魚さん達でしたね(苦笑)。

開演一時間切ったので、そろそろ行くかあと会場目指すも、入口には長蛇の列。
この光景は何処かで見覚えあるぞ…と思ってたら、それぞれ出向いた友人諸氏も同じことを呟いていたらしいwww。

開場が遅れたので、グッズは無理だなあと諦めてトイレだけに
寄り、座席に向かう。
事前に席は確認済みなのだが、階段を降りながらステージまでの距離を認識すると、頭の中にはその言葉しか浮かばなかった。

(近い、近い、近い―ーー)

ここ最近武道館クラス、ホールクラスの席を取れば、一階の座席なんて全く無縁のチケ運だった自分には、この”メンバーが左右の花道に来てくれた時約10メートル強の位置"はめっちゃ美味しすぎた。

そしてセットリストまるまるコピれないんで、セットリスト載せてるサイトを下にはりますが、一曲目のスピードで、もー掴みはok!だったような気がする。
そして多分ライブで初聴きかもしれん、「無知の涙」をあの会場で聴けたのは意外かつ 嬉しかった。
あと「羽虫のように」は歌詞を口ずさむ度に自分の現状とシンクロして、後半ちょっとまともに歌えなかった。

個人的に好きな「エリーゼのために」「独壇場ー」も聴けたし、今日のセットリストはファンの贔屓目としても本当に神がかっていた。

「極東ー」の演出の火炎は「memento mori」でもやるかなーと思ってたらこっちでは無し。
流石に二曲連続ではやらなかったね。

あと特筆すべきことは、アリーナの照明が大正時代の洋館に付いているようなゴシックっぽいイシャンデリアだった事。
それが、曲によっていろいろな効果を生み出していて、とても良かった。

メンバーの衣装も黒白を基調にされてて、もー、自分はヒデの編み込みヘアメイクみただけでわざわざ横浜まで来た甲斐があったってもんです。
あっちゃんが上着を脱ぐまでは、ツインギターがお揃いみたいな衣装だったが、あっちゃんがベストのみになると,あっちゃんとヒデがお揃いみたいで可愛かった。

座席が列の端だったので、あらかじめ左端に避けて踊り歌ってきたー。
ホントに視覚・聴覚・第六感で素晴らしいライブだった。

普通グッズって終演後買わない人なんだが、この気持ちが乾かないうちに形にしなくては!とトートとパンフと、ビールを買ってきた。コラボビールは今井ちゃんのBDに飲もうと思う。

今ニューアルバムを引っ提げて全国ツアーまっさかりな彼らだが、地元でまた逢えたらなーと思う。


↓当日のセットリストなどはこちらでどうぞ。
http://setlist-live.com/buck-tick/11462.html

CT―Ⅲ横浜アリーナ1横浜アリーナチケット




スポンサーサイト

DAY IN QUESTION 2015

今年も無事この日を迎えられました。
席は相変わらず天井に近い位置ですが、もうどうにもならんことなので切り替えて楽しんできました。
友人ともお疲れ会が出来て楽しかった。
予約した店に辿りつくまで一悶着有ったけど、料理は美味しかったし。
明日は冬コミ。友人にサークルチケットも頂いたので、そんなに早く出なくて済む。
譲ってくれた友人に感謝。

diq2015.png

3.11 Tour 2013 Cosmicdreamer Extra~WE LOVE ALL!

いまさらですが3.11のチャリティライブの感想を一言。まずはチケット取るの大変だった。3.3のライブが急遽行けなくなったので、何とかこっち見たい気持ちで動いてたけど、途中諦めそうだった。チケットは当日ゲットだったし。
場所が二回目のとこでー、でも駅からのルート取り違えていて迷って迷って、開演五分前について、ヘロヘロな状態でした。おかげでライブ中フライヤー落としてるのに気付かず仕舞い。
ライブの内容はツアーの内容に、memenntomoriを持って来たり、二回目のアンコールが夢見る宇宙で終わると思いきや、SEXUAL!!!!!で終わるなどバクチクらしい終わり方でした。あと場所忘れたけど、アンコールの一回目だったっけな、あっちゃんが「亡くなられた方に黙祷を捧げましょう」とおっしゃって一分間手を合わせたとき、あー、やっぱり来てよかったなあと思いました。
去年から続いたツアーもこれで一段落。
年末あたりにお会いできればうれしいなと思う今日この頃です。

130311_213218_convert_20130327220052.jpg

テーマ : ライヴレポ・感想
ジャンル : 音楽

BUCK-TICK tour parade2012


始まりました。日曜がライブだったのですが、それまではチケットの整理番号のせいもあって、テンションも低め(爆)。カリガリの皆さんが予想外に面白い方々で、かなり和んでしまったっていうか笑えた。音楽性はシドに似てるかな。やや昭和歌謡っぽい。

さて、ライブは800近い番号だったけど、気が付いたら五列め辺りに居て、あっちゃんとガンガン目が合った。ヒデは相変わらず、男前フェロモンばんばん出してて、つい目で追ってしまう。

アンコール時、自然にヒデ側の子達がハッピーバースデーをヒデに歌ってて、涙腺がちとやばくなった。

彼らのライブは歌えて、踊れて、パフォーマンスに見いられて、曲や、メンバーに癒され、自然に笑顔になれている。

久々にというか、曜日のおかげで泊まらず帰って来れた。実家じゃ絶対出来ない技だな。慌ただしかったけど、充実した1日でした。

そして最後に、Zepp仙台御疲れ様。ありがとう。


utakatano razzle dazzle in zepp sendai

有明に未練タラタラの某管理人ですが、起きたら午前九時。間に合うはずも財力もございません。二兎を追う者は一兎もえずと言うし、目の前のライブに気合投入です。心配なのは地元と仙台のお天道さまでしたが、地元はものすごい小春日和。仙台も風が冷たいながらも青空でした。ホントなら観光もしたかったのですが、12月に散財したつけで、めっちゃ今月激貧でして、午後一時にチェックインできる東口のホテルに開場近くまでお籠りしてました。山形から来仙した友人のメールが入ったことだし、そろそろ出るかーとホテルを後にしたのは午後四時半。冬とは言え、まだまだ明るい時刻。日曜のライブに来てるんだなと改めて実感。整理番号1から300のプラカードのとこのブロックに並んでたら目の前に友人mちゃん登場。いきなりで思わず奇声発してしまったよ。彼女は私より200番くらい遅かったので、二三言交わしてライブ後にーと一時お別れ。というか、お目当ての人が違うので、結局は別れるんですけどね。standingは番号良けりゃ良い位置をキープ出来るので、まあ楽しみっちゃ楽しみなんだけど、開演までの一時間あまりにあったか過ぎて眠気におそわれる事しばしば。30分くらいなら楽なんですけどね。さて、こっから多少ネタバレ感有りますので、畳みます。気にしないよーという方のみご覧下さい。

続きを読む

テーマ : ライヴレポ・感想
ジャンル : 音楽

プロフィール

朔也

Author:朔也
☆好きな物
ライブ・旅行・城巡り・アルコール・炭水化物・コーヒー・乳製品・トマト・動物物・ドキュメンタリー・時代劇・スポーツ観戦

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。