夢千夜

朔也の生存記録的なブログです(苦笑)。毎日更新は難しいかも知れませんが、普段思うことをのらりくらりと綴れたらと思ってます。
2016年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2016年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年03月
ARCHIVE ≫ 2016年03月
      

≪ 前月 |  2016年03月  | 翌月 ≫

閑話休題

プライベートも落ち着いて来たので、2015年下半期~2016年三月までの外出記みたいなのを綴り始めました。
もしお暇でしたら、下にスクロールして記事を観てやってくださいませー。
スポンサーサイト
日常のこと | Comments(0) | Trackbacks(-)

3.14水戸にて②

がっちり雨な水戸でしたが、このままここで終わるには惜しくて、ミュージアムに居る間に悩んだ末、梅を観に行くのは諦め、光忠のお酒を置いてある別春館に向かう事にー。
ミュージアムから別春館に行くのに、たまたま門前にタクシーがいらっしゃったので乗りましたが、今度水戸を訪れる時はレンタカー借りようと決意。あれこれ不便だし、交通費がかかり過ぎる。
運転手さんが「なぜか最近このお店に行かれる方が多いんですよね」と呟いてたんで、素直に「ああー、それは最近水戸に有る刀をイメージした梅酒が発売されたからじゃないですか?」と説明しておいた。うん、間違ってない。

お店は蔵をそのまま使ってる感じの作りでしたが、めったに見れない工具や工場の様子が興味深くて、かなり長居をしてしまいました。
弘道館にもね、行ってみたかったんですが、夕飯の支度のことも有り、これこっきりじゃないし、そのまま水戸駅へ徒歩で帰りました。
流石に手の甲が攣ってきて、イベントまでの不摂生が手にも来たなーと実感。

別春館2別春館3別春館4別春館1別春館5




旅行 | Comments(0) | Trackbacks(-)

3・14水戸にて①

春コミ翌日ちょっとお疲れモードでしたが、三度光忠に会いに、水戸の徳川ミュージアムに行ってきました!
残念な事にがっちり雨でしたが、お仲間らしい方もちらほらお見かけし、記念撮影されてるかたも居られました。
平日なことも有って、充分に光忠自身を色んな角度から観ることが出来て本当に満足でした。
これ、何度見ても打刀だろうよ・・・とうらぶよ、と思いつつ、この状態でも綺麗なんだから、実際の刀は本当に綺麗な刀だったんだろうなーと。
再刀プロジェクトに賛同し、協力する意味でもお土産(自分の含め)沢山買ってきましたよー。.


徳川ミュージアム1徳川ミュージアム2徳川ミュージアム3徳川ミュージアム4徳川ミュージアム5徳川ミュージアム6





旅行 | Comments(0) | Trackbacks(-)

春コミ前夜

イベント前夜東北前入り組&地元フォロワ様でお疲れ会を催しましたー。
二度目なので道に迷う体たらくでしたが、なんとか無事到着。新宿の戦国武勇伝の伊達部屋を地元友人に予約して頂きましたー。もうちょっと写真を撮れば良かったなーと思いつつ、話の方に花が咲いて結局サラダしか撮れませんでした。いやあ、こういうカクテルは甘いの覚悟してましたが、二番目に飲んだ三成のお酒も甘くてな(^_^;) 普通のビールを飲みたいよと酒飲みはちと思いましたよ。その後近くの椿屋珈琲店で二次会もしましたが、楽しい時はホントあっという間だなーと。
翌日が早いので11時には新宿を後にしましたー。

戦国武勇伝1戦国武勇伝2戦国武勇伝3戦国武勇伝4戦国武勇伝6




日常のこと | Comments(0) | Trackbacks(-)

白石城

傑山寺行った足で、白石城へー。
市役所の駐車場に車を置き、すっかり梅の花に囲まれた堀沿いを歩いていく。
そいえば、Twitterであげたこの一枚目の写真が、フォロワ様だけでなく、外部の方からRTやらお気に入りにしてもらって、おまけに公式の武将様にも拡散されてて、当時かなりきょどった次第でした。
いや、ホント鬼小十郎祭り以来の久々の通知ラッシュでした。
あとここのミュージアムに、東京でお知り合いの方用のちょっとしたお土産を買いに来たのですが、中々決まらなくて、無難な付箋紙に逃げてしまったのも良い想い出っす(;^ω^)

白石城1白石城2白石城3白石城4白石城5



旅行 | Comments(0) | Trackbacks(-)

お礼参り

えー、二月に「無事三月のイベントの原稿出来ますように!!」とお願いしたのがどうにか達成できたので、そのお礼も兼ねて片倉小十郎景綱が眠る傑山寺に行ってきました。
ちなみに家からは道が空いてれば片道一時間45分位かな?で行けます。
運転は下手くそな部類の方だと思うけど嫌いじゃないので、結構良いストレス発散になります。

線香は流石に持ってこれませんでしたが、多分二月に上げた御花も流石に残ってないだろうなーと、色合いと、持ちの良い花を数種類を近所のスーパーで見繕って、いざお寺へ―。
この日は寒の戻りがしばし続いていた日で、日陰に行くと寒かったですが、散策するには程々に良い陽気でした。
今見ると、銅像の下の石に自分映り込んじゃってますね(笑)
あと個人的にこの大杉の脇に、赤い椿の花が絡みつくように咲いてるのがね、色々と妄想が進んで、良いシュチュエーションですwww。
煩悩を滾らすのも申し訳ない程、神々しい場所なんですけどね(笑)。

傑山寺1傑山寺2傑山寺3


旅行 | Comments(0) | Trackbacks(-)