夢千夜

朔也の生存記録的なブログです(苦笑)。毎日更新は難しいかも知れませんが、普段思うことをのらりくらりと綴れたらと思ってます。
2018年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年07月
TOP日常のこと ≫ ちょっと体調不良

ちょっと体調不良

やっと人並みのスケジュールになって来たら、六月上旬から七月上旬のツケが回ってきたのか、体調がやや良くないです。月のものは来そうで来ないし、軽い下痢がここ三・四日なおらないし、こんな長いのは久々なのでちょっと参ってます。何にも生活変えてないし、特殊なもの食べてるわけでもないんだけどなー。ここさいきん胃の調子は良かったので薬も手元にないし、もうしばらく安静にして治らないようだったら薬飲もうと思います。しかしもう8月ですねー。八月は法事が2件あるし、夏コミにも行けんし、良いことはendsのライブくらいかなーと思ってたら本日棚からぼた餅って感じで朗報が。お盆前の中旬ナルトの映画に県内在住の友人と行くことになりました。今夏の映画は内容が内容だけに観たいな~と思ってたのでかなり嬉しいです。お子様居ようが二人なら心強いぞ。

あと最近東京上京中に関わっていた劇団のその後が知りたくなって検索掛けたら、私がやめた数年後やはり劇団も解体して、でも2002年頃復活してたんですねー。第1期のキャストさんも残ってて懐かしかった。そして主催者さんの年齢が今頃自分と七つ違いだということに気付きました。というか、自分が二十歳ごろお手伝いしていたんだから、かれはまだ30前だったということなんですねー。そしてその個人名でさらに検索を掛けたらいやあ、出るわ、出るわ。今は出版のお仕事をされてるようで、あるドキュメンタリーの本はちょっと読書欲をくすぐられました。あと彼がスーパースランプと縁があったのは知っていたのですが、他の劇団員の方も在籍していたんですねー。さらに懐かしいお名前もかいまみれてびっくりしました。でも不思議ですねえ。私が居たのはたかだか数年の話なのに、今だにお顔を即思い出すことが出来るんです。この顔覚えの悪い自分がですよ! いかに自分の琴線に触れていた時代だったんだな~と改めて実感しました。最後彼らの作る芝居と自分がやりたい物がずれていることに気付いてやめましたけど、私はあなたたちとその劇団が大好きでした。あの某ツバキハウスを教えてくださったのも彼らだったし、ほんと良い思い出です。

スポンサーサイト
日常のこと | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする