夢千夜

朔也の生存記録的なブログです(苦笑)。毎日更新は難しいかも知れませんが、普段思うことをのらりくらりと綴れたらと思ってます。
2018年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年08月
TOPライブ ≫ 11ヶ月ぶりに

11ヶ月ぶりに

15日ライブに行ってきました。決してライブ前に行った片倉家巡りがメインだとは申しません(ごほ、ごほ)。
せっかく平日で仙台!ってことで、休みを代わってもらい、行ってきましたzepp。席番は九列目のステージに向かって少し左よりな席だったのですが、十分肉眼で見れました。何しろ、選曲が懐かしくて、懐かしくて、jumping jack showが、opで、思わずやられたーと思いましたよ。この曲でさえ、おそらく十年前の奴。あとウツバージョンのrunnninng to horizonにもやられた。実際この曲小室さんも歌ってるんですが、何気にウツのが良いなー。しかしほんと懐かしい。三曲ほどアップテンポの曲をやって、あとスローな曲三曲くらいやったかな。そろそろトークコーナーに入るかな?と思ってたら、早速Twitterで募集してたメンバーに聞きたい事を聞いちゃうコーナーになりました。多分他の人もつぶやいてるだろうし、選ばれないだろうなーと思いながら一人目の人のつぶやきを聞いてたら、ウツの声で、「次の方はさくやさんで良いのかな?」と自分のハンドルネームを呼ばれた日にゃ、口から心臓飛び出してくるかと思いました。そして、恥ずかしさのあまり何気に一人で観て居たのにも関わらず、隣の人に、「あれ、自分のつぶやきっ」と肩をバシバシしたくなりました(いや、実際しませんでしたが)。
あと個人的にkiss me kill we,butterflyとinoccent blueも良かったなー。inoccentの前半の囁くように歌うシーンに、会場からひゅーっと冷やかし声がかかって、思わずkiss youの頃のウツ思い出しちゃったよ。この人kiss japanのツアーの頃、最前の客失神させた位の人なのだ。あと、手も背中も綺麗な人なのだ。しかし今ツアーのジャケットはワラタ。歩くミラーボール若しくは、ソーラーパネル。あれ軽そうだけど、熱吸収しそうだな。
久々にウツ節を堪能しましたが、欲を言えば、本編みじかすぎ。多分16か17曲か。あとサポートのkeyのnishi kenさんカッコ良かった。脇から見て、ほんと非の打ち所のない容貌で、また若い! drのワタルさんの息子さんとも言えるような年齢だった。あと、金犬さんとkooさんが金髪だったので、一瞬このバンドは日本人のバンドか?と目が点になりました。日程上次のウツライブは、一ヶ月後の渋谷axです。実は一週間後爆竹で渋谷へ行くので、3週間で三本かい(^^;)と一人ツッコミをしている次第です。財政的に三週間に一本くらいが理想なのだが、中々上手くいかないもんですねー。次のがかなり厳しいので、行けるときいっとこうかという所存です。 
スポンサーサイト
ライブ | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする