スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼小十郎まつり④

③の続きですー。結局大坂の陣は、東軍が勝ち、真田家では妻子だけでもーと、伊達軍の片倉家に託します(前二枚の写真です).
それねー、個人的にほんとタイムマシンに乗って、何故片倉家を選んだか尋ねたい勢いですよー、ま、確かに勝利軍&奥州という選択はかなり正しい選択だと思います。あと、伊達の居る仙台でなく、白石に居る片倉家を選んだのも正解だし。でも多分「情」の部分が強かったんだろうなと思う。
そして結果的にはその策は成功して、真田家は別地で根を張るわけなんだけれども。

この道明寺の戦いの後、各隊が客席に向かって挨拶するコーナーが最後に有りまして、やはり忍者隊が可愛かった、何度見ても。リアル忍たまなんだもん(笑)。

そしてこんなところでなんですが、片倉隊の組長様、突然割り込んで写真撮影してしまって済みませんでした。一応撮らせて下さいーとは小声で言ったけど、アピール足りなかったなあと猛省。
そして、この祭りの正式プログラムに武将隊のコーナーが無かったのがほんと残念でした。彼らのフリーダムさを全国にアピール出来る貴重な時間だったのになあ…。


鬼小十郎まつり37鬼小十郎まつり38鬼小十郎まつり40鬼小十郎まつり41鬼小十郎まつり42鬼小十郎まつり43鬼小十郎まつり44鬼小十郎まつり45鬼小十郎まつり46鬼小十郎まつり47










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朔也

Author:朔也
☆好きな物
ライブ・旅行・城巡り・アルコール・炭水化物・コーヒー・乳製品・トマト・動物物・ドキュメンタリー・時代劇・スポーツ観戦

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。