夢千夜

朔也の生存記録的なブログです(苦笑)。毎日更新は難しいかも知れませんが、普段思うことをのらりくらりと綴れたらと思ってます。
2018年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年07月
TOP旅行 ≫ 鬼小十郎まつりの翌日①

鬼小十郎まつりの翌日①

意外に写真が多くなったので、二日目も分割します。二日目は仙台方面と、松島方面に向かう組に分かれ、私は兵庫から来られてたSさんと、Iさんの愛車に乗せてもらう。途中トイレ休憩と、お土産購入のため立ち寄った菅生パーキングのカッコイイこと!外側がもう、伊達領って感じだし、店舗もシックなカラーに纏められてて、しばしテンション上がりました。

高速だと、白石ー松島一時間ほどで着いちゃうんですね。改めてこの辺は車の方が利便良いんだなあと思いました。
曇天な空模様なのに、さすが日曜日の観光地。駐車場も一巡してやっと見つかる感じです。


私たちはまずまだ入ったことのないSさんのために、みちのく伊達政宗歴史館に入館~。私は三度くらい来てるかな?子供の肌にしてはいつも黒すぎるよねーと思いつつも、手の甲の再現性とか、ミニチュアの細かささには何度訪れてても感動します。

そこを出たのが昼過ぎだったので、近くの市場で食事し、瑞巌寺へ足を延ばす。28年度にならないと、全ての改装が終わらず、正面からの画像は撮れなかったので、普段撮らない角度とか、珍しいアイテム撮りに走る我。
本堂が修理中なので、仮本堂(大書院)大位牌等を観覧する。 
最後の梅の木は政宗が1593年の朝鮮出兵の際に兜を植木鉢代わりにして持ち込んだ物。三月下旬から四月上旬位に紅白の花をつけるらしく、その姿が竜が臥せる姿に似てるらしく、臥竜梅と呼ばれています。 



松島1松島2松島3松島4松島5松島6松島7松島8松島9松島10









スポンサーサイト
旅行 | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする