夢千夜

朔也の生存記録的なブログです(苦笑)。毎日更新は難しいかも知れませんが、普段思うことをのらりくらりと綴れたらと思ってます。
2018年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年07月
TOP日常のこと ≫ ニ七日でした

ニ七日でした

本日は命日から数えて二七日です。
七の付く日はお団子を作って、仏壇にお供えしなくてはいけないので、一応いつもより30分早い六時に目覚ましかけまして、バイブ三・四回で起きました。
しかしねー、出きるものならやりたくないとのたまってた家事やら、早起きやらやれば出来るもんなんですね。というか、やらざるを得ない状況です。おかげさまで今十時半過ぎるとねむいったらありません。
会社には忌引きが明けてから四日行きましたが、ようやく慣れてきたと言うか、いやー、一週間も休むとね、マジ自分は専業主婦じゃないかという気になってくるんですよ。社会と接点が少なくてもこれだけ生きていけるのねとか、相変わらず変なところで感心したり、でも徐々に他の事も出来る余裕が出来てきました。読んでたコミックスやら、CDの新譜に目が行くようにもなったし、案外さらりと普通の生活にもどりつつあります。ここ数日で一番切なかったのは母が死ぬ寸前までかけてた時計を何かの折に目にしたときですかね。あー、時計は狂いなく動いてるのになとー。考えても切り無い事だとはわかってるんですけどね。
もう少し時間が経てば、何事にも穏やかに接する事が出来るんじゃないかと思います。
スポンサーサイト
日常のこと | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする