事故請求のその後

先週末に、加害者側に普通郵便で見積書を、配達証明で内容証明書を送りました。

結果、普通郵便しか受け取って無いんでやんの。

まあ、不在ならこっちしか受け取らんわね。
追跡したら、多分不在票の存在さえしらんか、無視してるのかどっちかっぽいから、きっとずっと無視し続けるんだろうね。

旧宅の掃除終わって、ほっとして車でスマホチェックしてたら保険屋さんから電話入ってて、「もう埒があきませんので、来週決断しましょう」と言う流れになった。
でもまあ、こちらの保険会社側からも事故証明書取って頂いたし、場合によっては会社名義で加害者側に連絡を入れて貰えるかもしれないみたいだし、もう加害者側に個人で出来ることはやった。
あがくのはやめよう。

しかしアレだよねー。
28歳の男性、事故当初はもっと若いと思ってて、本当に父親に保険丸投げかと思ってたけど、それさえも虚言かと言う気がしてきた。
そして、まあ、普通に考えても子が28歳位になったら、運転中の事故なんて、責任追わんよね。
よっぽど出来た親じゃないと、代わりに立て替えるなんてこともしないだろう。

そして担当さんもおっしゃってたけど、契約中に更に別な事故に遭い、それの賠償の関わりが不明になったりしたらほんとヤバいもんな。
事故のあと事故に遭ったり、事故を起こしたりするケースも稀じゃない。
事故に遭った車で運転するのも気分良い物じゃないし、車にとっても良い事じゃない。
洗車にも行きたいしなー。
とにかくこの件が片付かない限り、前に進めないからもやもやしながらも動いている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朔也

Author:朔也
☆好きな物
ライブ・旅行・城巡り・アルコール・炭水化物・コーヒー・乳製品・トマト・動物物・ドキュメンタリー・時代劇・スポーツ観戦

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク