スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

血の確執

人間は生活していく上で、いつもおだやかな日々を送れるとは限らない。
まさに今日がその日でした。
ここから先はかなり公平な書き方が出来ないので、気分を害されたらごめんなさい。どうしても気持ちが治まらなかったのでー。

会社から帰ったら、なにやらそれまでに母と父の間に何かあったのか、いきなり夕食中どんぱちが始まった。
しばらくはいつものことかと黙認しながら夕飯を食べていたのだが、父の思いやりのかけらもない台詞に、それが仮にも三大成人病を背負った人間に言う台詞かと情けなくなった。
あげくに、母の口の悪さは母の友人のMさんとつきあってるせいだとのたまったから、それは関係ないだろと私は仲裁に入った。
大体母のことを口が悪いと言う父親の言葉使いだって、私から見たら褒められた物ではない。
大体批判される原因は十中、八九父の方にも責任があって、そう言われるのが嫌ならそれなりの努力をすれば良いのに、年だから仕方ないとか、昔からそうだから仕方ないと開き直るのだ。
そのくせ母を責めるなら、その言動に耐えられないのなら、いっそ一緒に居てもらわなくて構わない。
間に入って生活してる子供の立場にもなってもらいたいものだ。
一人で暮らしてみれば良いのだ。
母が居なければ何も出来ないくせにー。
少しの労働をして、いかにも自分は働いてるという風体を示すなら、もう自分たちから縁を切って、一人暮らししてみれば良いのだ。

今日ほど自分がこの男の遺伝子を多少受け継いでるのかと思ったら、本当に情けなくなった。
昼間、私が抱いた「覚えようとしない、努力をしようとしない人間が一番嫌いだ」という思いはきっとおそらく百パーセント母譲りだと思った。
そして、血の繋がりこそ断ち切りたいものかもしれないなと、増えていく血縁関係の事故を回顧しながら、切実にそう思えた。
スポンサーサイト

テーマ : 家族
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朔也

Author:朔也
☆好きな物
ライブ・旅行・城巡り・アルコール・炭水化物・コーヒー・乳製品・トマト・動物物・ドキュメンタリー・時代劇・スポーツ観戦

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。