夢千夜

朔也の生存記録的なブログです(苦笑)。毎日更新は難しいかも知れませんが、普段思うことをのらりくらりと綴れたらと思ってます。
2018年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年07月
TOP旅行 ≫ 京都観光

京都観光

二日目は起きた時点で観光するような時間じゃありませんでした。9時まで寝てた。そういうわけでチェックアウトは11時。それから何処行くか考えたんですからねー、ぶっつけ本番、考え無しもいいトコです。一応選択肢は三つあったんですが、やっぱり京都行きたくてー。
念のためにガイドマップを新たに購入して、いざ出発。しかし新大阪から京都って新幹線だと14分足らずなんですね。料金も千円強。いいなあ、便利で。タイムリミットは三時間。わたしは今まで寄ろう、寄ろうと思ってた三十三間堂をメインに隣の博物館、あとやっぱり冬の清水寺が見たくて、その界隈散策しました。三十三間堂は意外に観光客も居なくて、表も中も風情が有って素敵でした。ともかく堂内に納められている千体の仏像に圧巻されました。また一体、一体謂れがあって、流した感じが強かったけど、説明も黙読してきました。丁度観覧中に修学旅行生徒とかち合って、社会の先生から堂内の仕組みとかも一緒に説明聞いちゃったりと、中々有意義でしたわ。あと道路を挟んで隣の博物館も面白かった。書物やら、着物やら、遺跡やら、かなり幅広く置いてある博物館で、時間を気にしながらも結構満遍なく見てしまった。
そして一路清水寺へー。いやあ、その時丁度二時くらいだったのかなー。見事あちこちの修学旅行生、海外旅行者とぶつかって歩くのさえ大変な賑わい振りでした。十二月上旬とはいえ、まだまだ紅葉も残ってて、お堂から見渡す景色は結構壮観でした。
あとお昼がまだだったので、色々な食べ物に目が行って参った。昼食は移動中にと考えてたので、ゆっくり食事する気はなかったのですがー、うどんくらいは食べてくれば良かったかなー。新大阪から空港に向かうバスでかき込んだおにぎりは味気なかった(くすん)。
しかし帰路は焦りましたよ。”40分かかるかも知れません”って、乗るのがぎりぎりじゃんよー、通常25分くらいなのに、何故?とムッとしてたんですが、実際乗車したら道は空いていて通常の時間で到着。いやマジで焦りましたよ。仙台でもう一泊という旅程を組んでたけど、もう便はキャンセルできないし、っていうか次便が有るのかも怪しい時間帯だったし。あと金銭に余裕が有れば席をグレードアップしたかった。狭いよ、エコノミー。168越えてるので・・・。JALに搭乗するときはクラスJにしようかな、やっぱ。相変わらずどたばたな二日間でしたが、ライブはそこそこに楽しかったし、友人たちに会えたのでかなり満足です。次のライブ予定が4月までないっていうのがまた悲しい2007年の年の瀬でした
スポンサーサイト
旅行 | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする