夢千夜

朔也の生存記録的なブログです(苦笑)。毎日更新は難しいかも知れませんが、普段思うことをのらりくらりと綴れたらと思ってます。
2018年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年07月
TOP日常のこと ≫ 救う人2

救う人2

その後迷子になった子猫ちゃんは、土曜の朝上階にあるパソコンスクールの人にも存在を発見されたの機に、うちの住居部門の方が来てくださり、逃げ場をつくって下さった。
昼には黒山ひとだかりになってその下に集まるもんだから、かどい(人慣れしてない)猫は一向に降りてこなくって。そのくせ自分が帰宅する時刻になると、妙にみゃあみゃあ鳴くもんだから、おまけにかなりの近い距離に居るし、これならー助け出せるか?と脚立を出すも、タイミングを逃し、また元の木阿弥。江角マキコばりに脚立を肩に担いで、レスキュー、レスキューと終業後売場の入口に向かう自分に、またまた上司がむかつく一言を放つ。「そんなことやってないで、早く夕飯の支度に帰れよ」
最近はスルーの仕方も覚えて、陰で同僚に愚痴こぼしてるも、何に自分が腹を立てていたのか、発覚しました。確かにね。言われた言葉にもカチンときたけれど、その上司はほんとーに為にならないこと、形にならないことには口うるさくって、挙句他人の家庭の事にも口出すタイプで、初めは口をあわせてたけど、こちとら、下手に年も重ねてない。

生憎ね、あたしゃ、そういう形にならないこと、無駄なことが大好きな性質なんだよ。
母親にも中々そういう自分の生き方を理解してもらえなくて、お互い泣きながら喧嘩した奴なんです。


しかしなあ、うちの飼ってた猫はほいほい高い所からも降りてたんだけど、二メートル強の天井がこの猫にはすごくたかーい場所に移るんでしょうな。

ま、日曜には買い物に出かけたついでに掘り出し物も見つけられて、挙句にそこの売り場のⅠさんと話も盛り上がったし、なかなか有意義な一日でした。
今日は休みだったので、わからず仕舞いでしたが、猫はもう地面に降りられたのかな。水分も、食事も口にしないで、猫って何日生きられるんだろ。おまけに今日こちらでは雪が舞ったので、ちと心配です。
スポンサーサイト
日常のこと | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする