スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リキッド行って来ました

恵比寿リキッドに行って来ました。某所に用事があったので、上野から銀座線に乗ろうとすると、フォームと駅の間に落下しかけた子供がいて、非常用ブザーが発動して、一時緊張したムードが流れててびっくりした。地下鉄って空気の逃げ場がないので、蒸し蒸しして気分が悪かった。あとどこへ行っても人が多くて、久々に東京上京した自分は人ごみに酔ってしまいました(
恥)
知人も遅くなりそうなので、恵比寿の駅ビルを徘徊してたら、会社の同僚が欲しがっていた歴史ものの単行本が出ていて、携帯に急いで連絡してみる。二人して妙なテンションで連絡し合って無事商談成立。

さて肝心のライブなのですが、後方でご覧になっていた方には現状が判らなかったと思うのですが、遠藤さん前のブロックにですね。いわゆるモッシュ軍団みたいなの居ましてね。元気なだけなら良いんですよ。必要以上にファンを押したり、身内で輪になって、背中で他のファンを押したりとー、もうピンなら腕っぷしも強いんで、やっつけようがあったんですが、どうみても七人くらいいまして、こりゃ自分が引くしかないのかと徐々にセンターブロックから離脱。華奢な女子なんかは前半からもう逃げてましたし、それみてたらね、あー、エンズのファンも変わったなーと急に冷めちゃいまして・・・。楽しけりゃ何やってもいいんかいと。あと何が腹たったというと、いちいち背後を振り返りながら騒いでるんですよ。気にしながら迷惑かけてんだったら、最初からやるんじゃねーと。
ライブ中盤まで腕組んで、眉間にしわ寄せながら見てまして、それが伝わっちゃったんでしょうかね。
何かの曲で中さんが自分の左足側にある、アンプを客席にけり落とすという珍事が発覚。フロアに降りたスタッフが即座に拾い上げてましたが、そのあと、おそるおそるアンプに足を上げる振りをした中さんがやたらおかしくて、「もう! お茶目さんなんだからー」とにやけが止まりませんでした。
あと、遠藤さんの声事体があんまり調子良さそうじゃ無かった気が。一番いい場所で高いまま歌えなくて半音下げて歌ってたし、二曲ほど曲とキーが合ってなかったのもあるし、手離しでよかったーといえないライブでした。あ、でもアンコールの選曲はめちゃくちゃ好みでした。永遠否定、生で聴くのすんごい久々でした。ツアー以来? 上昇もあの位置って新鮮でした。エンズって瞬間発火みたいな曲もいいんですが、こういう燻りながら燃え続けていく曲もいいんだよなと再確認。しかし遠藤氏の衣裳のセンスは日増しにすごくなってますね。まあ、赤のベストは良いとして、最初はおってたジャケットは蛍光オレンジでしたよね。すげー。あと髪がさらに伸びてて、邪馬台国の卑弥呼みたいな頭になってたな。
いまいち不完全燃焼だったなーと思いながらロッカーのあるフロアに上がっていくと、何やらサイン&握手会のボードを掲げてるお兄さんが階段付近でイベントの開始をあおっている。
時間もまだあるし、Tシャツもちょうど欲しかったので列に並んでみる。あと、二・三人で自分の番という距離になってくると、もう、めちゃくちゃ緊張感が高まってきて、口から心臓が飛び出すかと思いました。しかしグッズ売り場のおねいさんもテンぱってたらしく、シャツを最初「四千円になります」 というから、万券を渡したら、おつりが七千円返ってきたので、「あのー、おつりが七千円なんですが」と聞いたら素直に「ごめんなさい、三千円でした」と弁解してた。確かに普段物販のブースにアーチスト本人座りませんもんね。 
実際遠藤さんの前に来たら、「ありがとうございます」しか言えず、とりあえずマニキュアが真っ黒だったとか、手が思ったより温かかったくらいしか覚えてなくて、次の人もいるんで横に避難したら、近くのテーブル近辺にいたファンの方に「何か言えました?」と話しかけられる。いやあ、もう並んでる時から心臓ばくばくしてーと説明。「実際こういうライブ後のイベントって、最終電車の都合で、いつも出られなかったんですよー、11時まで上野につかないと翌日仕事に間に合わないんで」とまだ整わない心拍を抑えながらあわてて付け加える。福島まで帰ると説明してたらその方々は「うわ、大変」みたいな顔をされてました。いや、実際もっと遠くに帰ろうとしてる人も居るわけなんですが(苦笑)。
私としてはライブ自体はうーんという出来だったんですが、この締めの出来事もありまして、なんだか足がつかないふわふわした状態で帰宅しました。写真はサインしてもらったTシャツです。よく見える
かな?
0405_convert_20080408215625.jpg
スポンサーサイト

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朔也

Author:朔也
☆好きな物
ライブ・旅行・城巡り・アルコール・炭水化物・コーヒー・乳製品・トマト・動物物・ドキュメンタリー・時代劇・スポーツ観戦

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。