スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行って来ましたー

六日が最終日だったんですが、やっとこ行って来ました。井上雄彦の最後のマンガ展。
まず自分をほめてあげたい。行ってびっくり。昼過ぎに会場着いたんですが、当日券を求めるお客さんで長蛇の列になってまして思わず呆然。でもぴあで前売りを買ってたので、自分は30分もかからず入場できました。
さてここからはまだ観てない人がいるでしょうし、下に隠します。気にしない方のみGO!


saigonomangaten
おそらく大小100枚以上の絵が展示されてたと思います。A3判大の漫画から縦三メートル横1メートル強の人物の水墨画から風景画、素材もケント紙から和紙までほんとに白と黒のマジックでした。陰影をつけるだけで蝶に見えてしまうし、服の皺一つ、風景の葉一枚に感嘆しきりでした。ほんとにいろんな物で描いてるなと思いましたよ。たぶん主線はGペン。服や髪の影の濃い部分あたりは面相筆、風景はきっとミリペンあたりで描いてるのだと思います。
表向きはすごくまじめな感じを受けましたが、それとは裏腹に各所に遊びの部分があって面白かった。絵を飾ってるついたての谷部分にも絵を飾ったり、真白な壁一面に蝶とか、鳥一羽だけを描いてみたり、手はキャンバスの中にあるのに、落とした木刀が本物だったり、一番仕掛けで好きだったのは、砂浜のシーンの絵。手前1メートル位に本物の砂を敷いてるんですね。それが約10メートルくらい続いてて、ほんとに海岸を歩いてる気持ちになりました。あとまだコミックスになってない本編の漫画が飾ってあって、それが気になって、気になって(苦笑)。また良いところで切れてるんですよ。老いた武蔵の風情も描かれててね。いやあ、井上先生が描くと老人もカッコ良いです。入場制限されてなきゃほんとじっくり見たかったんですが、それでも1時間半くらいは見てたのかも知れません。会場すべてがキャンバスみたいな雰囲気で、行って良かったなーとほんと思いました。
あと久々に絵を描きたくなりました。
スポンサーサイト

テーマ : バガボンド
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朔也

Author:朔也
☆好きな物
ライブ・旅行・城巡り・アルコール・炭水化物・コーヒー・乳製品・トマト・動物物・ドキュメンタリー・時代劇・スポーツ観戦

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。